天の光 (徳間文庫)

天の光 (徳間文庫)

発売日: 2016年12月2日
出版: 徳間書店
著者: 葉室麟
185 ページ

博多の仏師・清三郎は木に仏性(ぶっしょう)を見出せず、三年間、京へ修行に上る。妻のおゆきは師匠の娘だ。戻ると、師匠は賊に殺され、妻は辱められ行方不明になっていた。ようやく妻が豪商・伊藤小左衛門の世話になっていると判明。お抱え仏師に志願し、十一面観音菩薩像を彫り上げた。しかし、抜け荷の咎(とが)で小左衛門は磔(はりつけ)となり、おゆきも姫島に流罪になってしまう。おゆきを救うため、清三郎も島へ…。
http://tezfiles.com/file/296a43ed10f54/KaeUyYZi8.pdf.rar